オンライン中国語比較ガイド TOP >中国語の種類、発音について

中国語の種類について

中国語の種類、発音について

中国語には、56種類もの種類があると言われています。その中でも普通語(北京語)は中国の公用語であり中国全土で約70%の人々が話すと言われています。残りの30%の人々は各地方の方言を話します。以下、代表的な中国語方言となります。

 

■北京語(ぺきんご)

中国の首都、北京を中心として使われている中国語。古くは北平語(べいぴんご)と呼ばれていました。中国の公用語となっており、日本において「中国語」と言った場合、この北京語を指していることが大半です。

 

■東北語(とんぺいご)

中国の東北地方で使われている中国語。農村にもなると独特の方言が入りますが、一般的な東北語は訛りが少なく、北京語とほとんど変わりません。

 

■広東語(かんとんご)

香港の近くに位置する広東省を中心に使われている中国語。北京語とはイントネーションが大きく異なっています。

 

■河南語(ほーなんご)

河南省で使われている中国語。独特のなまりがあり、北京語と比べるとイントネーションが明らかに異なっています。

■四川語(しせんご)

独特のイントネーションを持つ四川語。他の中国語とは明らかに異なっています。かの毛沢東も湖南省出身であることから、四川語を使っていたと言われています。

 

■上海語(しゃんはいご)

上海を中心に使われている中国語。北京語とはイントネーションが全く異なっており、北京語を習得していたとしても、上海語で喋られると全く聞き取れないことも。

 

はじめて中国語を学ぶなら、公共語である普通語(北京語)を選択するのが良いでしょう。当サイトで紹介しているオンライン中国語スクールでは全て北京語に対応しています。



中国語の発音について

<中国語の音の数>

中国語には子音が21種類、母音が37種類あり、それを組み合わせて発音します。

 

<中国語の声調>

声調とは、音の高さ低さです。中国語は、この声調が明確に4種類定義されていて、一つ一つの漢字の読み毎に声調は決まっています。

 

中国語発音表

■第一声 (例 )
高く平らな音。汽笛の「ポー」のように。

■第二声 (例 má)
低い所から急に高く昇る音。驚いたときの「えぇっ!」のように。

■第三声 (例
ゆるやかに下がり、低く抑えてゆるやかに上がる音。がっかりしたときの「あ~あ」のように。

■第四声 (例 mà)
高いところから急に低く落ちる音。元気よく答えるときの「はい!」のように。

■軽声 (例 ma)
語尾や単語の中などで軽く添えるように発音する音。



オンライン中国語スクール一覧

アイチャイナ(iChina)
「業界最多の講師数!日本語も可!」
オンライン中国語 アイチャイナ(iChina)

アイトーキー(iTalki)
「オンライン中国語会話を始めよう!」
オンライン中国語 アイトーキー(iTalki)

トークチャイナ(Talk China)
「オンライン中国語 業界No.1の実績」
オンライン中国語 トークチャイナ(Talk China)

ワンミンチャイナ(1min China)
「1分から始める中国語講座!」
オンライン中国語 ワンミンチャイナ(1min China)

チャイニーズカフェ(Chinese Cafe)
「講師は全員日本語検定1級!」
オンライン中国語 チャイニーズカフェ(Chinese Cafe)

ならっチャイナ(ならっChina)
「中国語スクールの老舗校!」
オンライン中国語 ならっチャイナ(ならっChina)

ネットde中国語会話
「1レッスン550円(50分)~!」
オンライン中国語 ネットde中国語会話

天天中文
「中国語会話+ビデオ講座!」
オンライン中国語 天天中文

スポンサー広告

オンライン中国語 ランキング

★★★★★ 第1位 ★★★★★
★★★★★ 第2位 ★★★★★
★★★★★ 第3位 ★★★★★
★★★★★ 第4位 ★★★★★
★★★★★ 第5位 ★★★★★
★★★★★ 第6位 ★★★★★
★★★★★ 第7位 ★★★★★

オンライン中国語 比較する


オンライン中国語 基礎知識


おすすめ中国語学習


スカイプ(Skype)の使い方